素材別高級ソファーのお手入れのポイントとは

高級ソファーを長く使用するにはソファーの素材にあったお手入れ方法を行う必要があります。布素材のソファーは手触りが良く柔らかいという魅力がありますが、臭いや汚れが布に染みこみやすいという面があります。そのため清潔に保つため日頃からこまめにお手入れを行う必要があります。日常でのお手入れ方法は掃除機がおすすめです。ソファーに臭いが染みつき取りたい場合は、重曹を使用するのが良いでしょう。重曹には消臭効果があるためソファー全体に重曹をふりかけ数時間~1晩置き、掃除機で重曹を吸い取るだけで気になる臭いが改善されます。コーヒーなどの飲み物をこぼしてしまったときは食器用の中性洗剤を布に染みこませ、汚れの表面を叩くように拭き取りましょう。こすると汚れが広がる可能性があるのでたたくように拭くのがポイントです。

合皮素材ソファーのお手入れ方法

合皮素材の高級ソファーは、汚れが付きにくいという魅力がありますが正しい方法でお手入れを行わないとヒビ割れや色落ちといったことが起こる場合があります。汚れが付きにくいため、日常のお手入れは乾いた布で表面のホコリを取り除くだけで大丈夫です。掃除機を使用すると傷がついてしまう可能性があるため、使用は控えるようにしましょう。気になる汚れがある場合は消毒用のエタノールの使用がおすすめです。エタノールをタオルにつけ表面の汚れを拭き取ったらさらに水拭きとから拭きをして、しっかり乾かすようにしましょう。汚れは長時間放っておくと取れにくくなるため、早めにお手入れをすることで綺麗な状態で長く使用することが出来るでしょう。また、ボールペンのインクが付いて消しゴムで消す方法をとる方がいますが、表面が剥がれる可能性があるため使用しないようにしましょう。

本革素材のソファーのお手入れ方法

本革素材の高級ソファーは、お手入れ次第で長く使用することが出来ます。日常のお手入れは合皮素材と同じく乾いた布で表面のホコリを取るだけで大丈夫です。半年に1回程度を目安にレザー用のクリームを薄く塗るとより品質を保つことが出来ます。気になる汚れがあるときはシミの原因になるため中性洗剤やアルコールの使用を避け、必ず本革専用のクリーナーを使用するようにしましょう。素材によっては使用する洗剤で色が落ちる場合があるためいきなり汚れに使用するのではなく、ソファーの目立たない所でテストを行い問題がないことを確認してから使用するようにしましょう。靴用のクリーナーの使用は色落ちの原因につながるため使用は避けましょう。また直射日光が当たる場所に置くと変色してしまうため、ソファーの設置場所にも注意することが大切です。